プロレスblog始めました

万年初心者プロレスファンが、自身の思いつきを垂れ流すブログです。

G1CLIMAX【最終日】

さぁ、泣いても笑っても2019年のG1CLIMAXの最終日です。


今年は例年になく、白熱した闘いの連続だった気がします。


MOX師匠やKENTA選手などの新顔が暴れまわったり、安定のコブ選手や聖帝タイチ選手、鷹木選手といった初参戦組がインパクトを残したり。
はたまた、ランス選手の覚醒やファレ選手のテクニシャンぶりなどなど。



今日が終われば、今後はドーム2連戦に向けたストーリーが始まります。


次はどんなうねりが起きるのか、今からもー(;゚∀゚)タマランです。




f:id:lagwell:20190718210658j:plain

悲願の達成から始まる、『プロレスの顔』としての闘い

もうね、震えました。私的にここ最近で一番の試合でした。


長年プロレスを観てると、『この日程でこのカードなら、勝つのはこっちかな』なんて汚い大人な見方(キタナイオトナ)をしてしまうんですが、今日に限っては”どっちが勝ってもストーリーが成り立つ”もんだから、最後の最後までハラハラドキドキの連続。


にしてもジェイ選手、強いっ!最終盤のブレードライナーなんて、場所さえ後30センチ中央側なら確実にスリーカウントものですよ。
ほんと、紙一重だったと思います。




その紙一重を乗り越えて、悲願の初優勝を勝ち取った飯伏選手。
その鍛えに鍛え抜かれた身体と、天才的なプロレス脳が繰り出す”人でなし”な技の数々。カミゴェなんて、ただ相手を殺りにいってる技ですし(;'∀')。


憧れた神を超えて、もう一人の神は日本にいなくても、盟友と袂を分かっても、独りでも『プロレス』を背負う覚悟、見せてもらいました。


長年、飯伏選手を観ていた感想としては、どこかで『良い意味でも悪い意味でも、自分勝手で気まぐれで無責任』な飯伏選手が、あんなマイクをするなんて、思ってもみませんでしたし、だからこそ心を揺さぶられました。


ただ絶対、ジェイ選手は黙っていないでしょう。他のG1参加選手も同じです。エースだってまだ隠居するつもりはないでしょうし。
ここからの今年後半戦、飯伏選手がコメントの通り、諦めずに走り切れるか。見ものです。




やっぱり王様は、傍若無人が良く似合う

G1開始前までは、『何故俺をG1に出さない』と新日本プロレスを恫喝し、G1が始まればピタッと無言(凄い睨むけど)。


で、この最終戦ですよ。相手はエース&現チャンピオン。


確かにG1は、優勝の副賞としてイッテンヨン(今年はイッテンゴになる?)のドームメインの権利、イコール『IWGPヘビー級』への挑戦権がもらえる戦いです。
現に内藤選手は、”2冠”を狙うためにG1優勝を目標にしていましたしね。


それでも、”IWGPヘビー級への挑戦権利証”は、あくまで『IWGPをドームのメインで狙える』ものであって、『それ以外の人は狙っちゃダメ』ではないんですよね。
それこそプロレスです。ファンが納得し、IWGP王者が『こいつとは戦わないと駄目だ』と強く意識すれば、タイトルマッチは組まれます。


それを狙って、一発で、しかも優勝決定戦には進めなかったにしても、ほぼ完全無欠なオカダ選手を仕留めてアピールするんですから。誰も文句は言えません。


口だけじゃない、態度や行動で示せるからこそ、『プロレス王』が王様である所以です。


スリーパーが火を噴くか、複合関節技が炸裂するか、はたまた久しく見ない逆落としが繰り出されるか。

IWGP王者にとっては、ドームのメインまではイバラの道となりそうです。恐らく、SANADA選手も来るでしょうしね。




ヒール軍団増強中



いやぁ、まさかこう来るとはね。KENTA選手のバレクラ加入。


しかも、柴田選手怒りの制裁からの返り討ちのおまけつき。
これで一気に、KENTA選手のヒールとしての格が跳ね上がりました。


今日は負けてしまいましたが、憎たらしいまでの上手さと強さを兼ね備えたジェイ選手を筆頭に、

 ・よくよく考えたら、あの重さで丸め込まれたら返せません、ファレ選手
 ・若さに似合わぬ老獪さとお腹。ミラノ先生お気に入り、オーエンズ選手
 ・良い奴なのか悪い奴なのか。とにかく笑顔が素敵、タマ選手
 ・お兄ちゃんに似て、身体能力も上手さも世界クラス、ロア選手
 ・ピーターさんが凄い。熟練の間も凄い、YJR選手
 ・モモクロ好きなレジェンド。竹刀のストックは大丈夫か、邪道選手
 ・とにかく笑顔が素敵。返り討ちされる姿も一級品、外道選手
 ・あのグラサン前見えてるのか。次の来日が待ち遠しい、ファンタズモ選手
 ・悪いことしてても、性根の良さは隠せない。バッキバキな、イシモ・リー選手
 ・まさかの盟友を裏切っての加入。一躍トップヒール躍り出た、KENTA選手

と、トンデモな陣容になってきました。


シングルでOK,タッグでOK。6メンでも5vs5でもなんでもござれな全方位ヒール軍団。


これ、本隊とCHAOSが組むぐらいじゃ太刀打ちできませんよ。如何にエースとIWGP王者がいても。
更には王様も本気を出し始めてますし。


ビーフェイス側もそろそろ、対抗策を打ち出す必要があるのではなかろうか。
モタモタしてるとまた、獣神さんに怒られちゃいますよ。


まとめ


とにかく、飯伏選手の優勝と、『プロレス界を背負って最前線に立つ』覚悟に心を打たれましたね。


バクステコメントもそう、ケニー選手のことは一言も触れず、『自分が先頭に立つんだ』という意思が、素晴らしい。


ただほら、独りは寂しいじゃないですか。早く仲間見つけましょうよ。というか、誰か来てあげましょうよ乾杯の時ぐらい( ノД`)。


インタビュワーの人達、ノリ悪いんですから。


最後に、G1参戦の全20選手の皆さん、参戦できなくても大会を盛り上げてくれた選手の皆さん、アメリカから日本全国へと日々大会を作り上げてくれたスタッフの皆さん、変わらぬクオリティで大会を生配信してくれたワールドの関係者の皆さん。

ありがとうございました!!



 

 


プロレスランキング

 

G1CLIMAX【18日目】

泣いても笑っても最後のブロック公式戦。

混戦となったBブロックを突破し、飯伏選手のいる明日の優勝決定戦に進むのは誰か( •̀ω•́ )。


G1終了後の、ドームまでの流れと相まって、もー(;゚∀゚)タマラン。



f:id:lagwell:20190718210658j:plain



-------

-------


完全無欠のヒールレスラー

いやぁ、憎たらしい( ゚д゚)。
この若さでこれだけのヒール像を自分のモノにしてるのがまた、素晴らしいですね。

内藤選手も、今日は少しやりにくかったのではないでしょうか。


チェンジオブペースが上手く、一気の畳み掛けに使える大技もあり、一撃必殺迄のパターが豊富、と。

似てますよね、二人。最後は若さでジェイ選手が押し切った、かな(*_*)。


とにかく今日は、ジェイ選手が上手かった。
技のスカし方から切り替えし方、果ては勝利後の外道さんを使った明日の対戦相手を罠に填めて潰すとこまで。

『これぞプロレス』を楽しませて貰いましたψ(*`ー´)ψ。



ほんと、外道さんが嬉しいと、みんな嬉しい(*´ω`*)。

MOX師匠のNEXTに期待

とにかく残念(´-﹏-`;)。
MOX師匠、日本の夏にバテてしまったのか、連敗フィニッシュでブロック突破は成りませんでした。

まあ、今日は特にジュース選手の気迫や覚悟が凄すぎましたね(´°ω°`)。


恐らくG1後にはUSヘビーのリマッチとなるでしょう。
果たして、今後もMOX師匠は継続参戦してくれるのか。
そして、シューター選手をアメリカに連れてってくれるのか(ㅇㅂㅇ)。

期待大です 。


これぞ『無差別級』

新日本プロレス内でもパワーファイターに属する殿を、力で捩じ伏せる姿はまさに『無差別級』

星の上では負け越しですが、最後に最大のインパクトを鷹木選手が残してくれました(°Д°)。

G1後、鷹木選手の戦うフィールドはヘビー級なのかJrヘビー級なのか。
今日負けた殿は勿論、来年のG1を狙っているヘナーレ選手やYOH選手なんかも黙っていないでしょう。

今後の展開を想像するだけでも、(;゚∀゚)タマランです。



残念ながらブロック突破とはいかなかった殿ですが、修行の成果は出せたのかな?
あとは天下布武なストーリーさえ打ち出せれば、ここからの下克上だって夢ではないはず(๑•̀ㅂ•́)و。

先ずは後藤軍団結成の為の人員集めからとかどうでしょうか。


まとめ

優勝決定戦は、飯伏選手vsジェイ選手となりました。

エースから託され、絶対王者を打ち負かしたヒーローと、
憎たらしい迄の上手さで勝ち抜き、外道さんを巧みに使った試合後の足首破壊で準備万端なヒール。


ドームまでの今年後半の主役になるのは、果たしてどちらか。
ワクワクが止まりません(;゚∀゚)タマラン。



f:id:lagwell:20190812234514j:plain










 

 


プロレスランキング

 

G1CLIMAX【17日目】

さあ、今日でブロック突破が決まるAブロックです«٩(*´ ꒳ `*)۶»。

オカダ選手か飯伏選手か。
王者としての地力が勝るのか、怪我をものともしない勢いが勝るのか。



f:id:lagwell:20190718210658j:plain



-------

-------


過ちは繰り返さない

とうとうやってくれました(T ^ T)。
2戦2敗のオカダ選手に初勝利を収め、飯伏選手がAブロックを突破です✧ \(°∀°)// ✧。

変型レインメーカーの連発で、正直終わったと思いましたが、棚橋選手との約束かファンの声援の後押しか、耐えに耐えてのオカダ選手越えは、今後の『トップへの道』を切り開いたのではないでしょうか。

ただ、ここが終わりではありません。
飯伏選手自身が言っているように、「過ちは繰り返さない」。『過ち=去年の準優勝』であれば、あと一回勝たなくては。

Bブロック。誰が上がってきても、ゴールデン・スターのやることは一つ。

f:id:lagwell:20190812162022p:plain
諦めない <出展:新日本プロレスワールド>




興奮状態の飯伏選手のバクステコメントは、狂気すら感じます(((°А°”)))))。


本格的にテクニシャンへ変更か!?

将軍がまたまたやってくれました。
これは本格的に、パワー一辺倒からテクニシャンへのモデルチェンジでは。

何が凄いって、ZSJ選手とテクニック勝負で互角を張れるSANADA選手に丸め込み勝ち(°д°)!。

しかも最後まで解除されないパラダイスな二人を尻目に、単独で(´°д°`)。


f:id:lagwell:20190812160640p:plain
仲良しパラダイス <出展:新日本プロレスワールド>


シュールだ(・Д・)。


英国の若き匠

こちらは生粋のテクニシャン。

星取りでは負け越しましたが、英国王者の面目躍如。
どっからでも繰り出される関節技は、やはり匠のお仕事( °o°)。

饒舌なバクステコメントが聞けそうで、今から楽しみです(*・ω・*)。

f:id:lagwell:20190812161355p:plain
メインで良いと思う <出展:新日本プロレスワールド>


KENTA選手、G1終わったらどうするんでしょうね。継続参戦?

仮に飯伏選手が優勝したら、EVIL選手共々『権利証争奪』の権利あり?

流石に負け越しててそれはないと思いたい(。-_-。)。



まとめ

長かったAブロックの公式戦も、今日で終了。

各選手とも自分の色を存分にアピールしたんではないでしょうか。


ランス選手がこの後どう暴れ回るのか。
SANADA選手はシングルプレイヤーとして出てくるのか、EVIL選手がどう動くのか。

世代交代の波に棚橋選手などう抗って行くのか。

などなど。

G1後も目が離せません( ・ㅂ・)و ̑̑。



そういや、例のツケビトの件はどーなったのやら?
来年のG1のこと話してるみたいですが、流石にここまでやりっ放しな状態で、ファンは着いてくるんでしょうか?


G1後、何か動きがありそう(?)୧( -᷅_-᷄ )୨。



f:id:lagwell:20190812162212j:plain
リーグ戦お疲れさまでした <出展:新日本プロレスワールド>




 

 


プロレスランキング

 

G1CLIMAX【16日目】

Aブロックはブロック突破がオカダ選手と飯伏選手に絞られましたが、Bブロックはどうか。

MOX師匠が勝てばかなり有利にはなりますが、一気に大混戦となる可能性も。


今日の勝ち負けは、見逃せません(;゚∀゚)タマラン。


f:id:lagwell:20190718210658j:plain



-------

-------


ハードコアマッチ

まさにハードコアなメイン。気迫や意地がぶつかり合った、凄まじい試合内容でした(;´Д`)。

椅子やテーブルは使わずに、更には場外戦すら一切行わず(場外にすら出ていない)、凶器は己が身体一つ。

獣神さんの語彙も乏しくなるスゲー試合スッゲ━━ヾ(*゚Д゚*)ノ゙━━ェェ♪☆。


相手のエルボーに退かないどころか、打ってる方にダメージが行くような前進力を見せる石井選手。

相手が潰れるまで何度も何度もラリアットを打ち込む鷹木選手。

そして、意地でも倒れない両者。
もうね、(;゚∀゚)タマラン。


試合は、終盤に嘗てのライバルの技を突如繰り出し、石井選手の足を止めることに成功した鷹木選手が、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンで激勝(๑•̀ㅂ•́)و!。

ホント、プロレスラーって凄い(๑°ㅁ°๑)‼✧

殿、黒船を打倒す

MOX師匠が負けたら大混戦だなあ、でも勝つんだろうなあと思いながら見ていてら、殿大勝利(°д°)!。

ジェイ選手に勝ったあとの連敗で期待感が下がっていた中、気付けばブロック突破も見えてきました。


MOX師匠はいつも通りの荒々しい大暴れの一方、殿は技の一つ一つが洗練されているイメージ。
これもLA修行の成果でしょうか。切れ味が増した感じがします。

でもなんか違うなあとも思ったり。突き抜け(天然)感が殿の魅力なのになぁと。チョット(*´^`)フクザツ。

MOX師匠は3連敗となってしまいました(。>﹏<。)。
日本の夏にやられてしまったのかアチュイ…(*﹃*;)

ともかくブロック最終戦、勝ち抜いて決勝まで暴れまくって欲しいです。


老獪(26歳)

確実にダメージを蓄積させていく足殺し。

相手が勢いに乗る瞬間に足へダメージを加えて止めるタイミング。

相手のターンを一瞬で自身のターンに切り替えるセコンド介入。


まさにプロレス玄人な闘い方を、何食わぬ顔で実践できる26歳。


ジェイ選手には出生証明書、鷹木選手には体重計持参で、プロフィールの真贋を見極めたい今日この頃(¯―¯٥)。


開幕3連敗で早々に脱落かと思えば、するりするりと気付けばブロック突破圏内。
IWGP王者は、やっぱり伊達ではありませんでした(๑°ㅁ°๑)‼。



外道さんが嬉しそうだと、私も嬉しい(*´ω`*)。



まとめ

これで、4人が勝ち点10で並びました。

同点の場合は直接対決の結果で判定するとの事。


内藤選手が勝ち抜けるには
1.ジェイ選手に勝つ
2.MOX師匠が負けている
※殿には勝っているので、勝敗は関係なし

ジェイ選手が勝ち抜けるには
1.内藤選手に勝つ
2.殿が負けている
MOX師匠には勝っているので、勝敗は関係なし

殿が勝ち抜けるには
1.鷹木選手に勝つ
2.内藤選手が負ける
※ジェイ選手には勝っているので、勝敗は関係なし。

MOX師匠が勝ち抜けるには
1.ジュース選手に勝つ
2.殿が負けている
3.ジェイ選手が負ける
※内藤選手には勝っているので、勝敗は関係なし


こう見ると、候補の内2人に負けているMOX師匠が一番不利୧( -᷅_-᷄ )୨。


更なる混戦(決定戦)が起こりえるのは、
以下の場合

1.内藤選手が勝つ
2.殿が勝つ
3.MOX師匠が勝つ


更にえげつないのは『全員引き分け』。

内藤選手
勝:殿 敗:MOX師匠
ジェイ選手
勝:MOX師匠 敗:殿
殿
勝:MOX師匠
ジェイ選手 敗:内藤選手
MOX師匠
勝:内藤選手 敗:殿
ジェイ選手

こうなると、どーなるの?まさかの4WAY(・⊿・)?

こりゃ、Bブロック最終戦の後ろ3カードは絶対に見逃せませんね(;゚∀゚)タマラン。




f:id:lagwell:20190809194235j:plain



 

 


プロレスランキング

 

G1CLIMAX【15日目】

遂にあと2戦にまで進んだG1CLIMAX。

これだけの長さの、しかもシングルのリーグ戦を弛れることなく完走しようとする選手の皆さんの強さと、新日本プロレスの底力が凄い(๑°ㅁ°๑)‼✧。

そしてそれを観て、声援を送って、追いかけるファンの皆さんも凄い(๑°ㅁ°๑)‼✧。


私はね、早々にバテてしまいました(o´Д`)。
でもまあ、ここまで来たら最後まで、例え更新が遅れようともっ(๑•̀ㅂ•́)و。


f:id:lagwell:20190718210658j:plain



-------

-------


さあ、準決勝

リーグ戦でも最後の2試合となれば、それなりに決まってきます。

今回は明確ですね。『勝った方が1位』。他の試合は関係ありません。

オカダ選手はEVIL選手を、飯伏選手はZSJ選手を。それぞれキッチリ倒してのAブロック1位決定戦への進出です。


ZSJ選手もEVIL選手も強い選手なんですが、それ以上にオカダ選手と飯伏選手の勢いや気力が勝っていて、危なげない勝利に見えたのかもσ(-ω-*)フム

バットラック

前回の公式戦で味をしめた(?)のか、将軍、まさかの2戦連続丸め込み系のテクニックで勝利!

部下を上手く使うあたり、流石将軍(?)
といった感じではあるものの…。


もしかして、テクニシャン系へのキャラ変!?∑(°口°๑)。

いや、(ヾノ´°ω°)ナイナイ


よく考えたらアレです。あんな丸太みたいな腕で組まれて、あの長身の天辺から後頭部を落とされるんだから、返し技というより変型ボムと見ていいでしょう。

変形バッドラックフォールとでも言いましょうか(・Д・)。


勝ち負け以上の存在感

大きい人がそのサイズを十二分にアピールして暴れ回るのもプロレスの醍醐味。

G1で俄然注目を浴びているランス選手ですが、星取表で見れば勝ち点が伸びていません(´-﹏-`;)。

それでも、試合内容は観ているファンの日頃のストレスを代わりに発散してくれているようなド迫力ファイト(๑•̀ㅂ•́)و。

勝ち星以上にインパクトを残してくれている選手だと思うので、G1後の大暴れも期待大です(;゚∀゚)タマラン。



まとめ

G1に出れなくても存在感を発揮するヤングライオン(?)。

(・∀・)イイネ!!









 

 


プロレスランキング

 

G1CLIMAX【14日目】

気付いたらもー14日目なG1。
あと少しで終わりかぁと残念に思いつつも、参加選手の皆さんは過酷なシングル戦の連発。

あと数試合、怪我なくそれでいて滅茶苦茶な試合を期待したいです。


でもBブロックは、滅茶苦茶に壊し合う人達ばかりなので、心配(∩´﹏`∩)。


それでも、プロレスラーは強いんです!


f:id:lagwell:20190718210658j:plain



-------

-------


『何をしてもいい』の新Ver

今年は飯伏選手が別ブロックなので、恒例の『内藤選手には何したっていい』は発動しないと思いきや。

まさかの同門対決で実現しちゃいましたよ((((;゚Д゚))))。


ラリアットって、あんな音する技でしたっけ?な、ショートレンジのラリアットの連発。

あそこまで流れをパワーで分断される内藤選手を見るのも久しぶりな、鷹木選手の猛烈な技の数々。

そりゃ、獣神さんも『うぉー!』『すげぇー!』しか出てきません。(デフォです)

同じアニマル浜口ジムの出身で、別々の道を辿ってやってきた二人の、文字通りの死闘は、まさに(º ⌓º )な顔で魅入ってしまいました。


同門故に、今後何回も見られないだろう貴重な一戦。
あの猛攻を耐え抜いて、最後にアクセル全開で大逆転をしてしまう内藤選手は、やっぱりジーニアスです(;゚∀゚)タマラン。

今後のユニットでの活動が、更に気になりますね«٩(*´ ꒳ `*)۶»。

負け方もカッコイイ

星取りだけ見れば失速?と言われそうなMOX選手。

いやいや、パワー&ラフで押し込みながら、介入にも対応しつつモロにブラスナックルの一撃もくらい、金的もくらって。

それでも最後、反撃できなくても相手を睨みつけて両手で中指を突き立ててからのブレードランナーに轟沈…。


カッコよすぎるよ、MOX師匠!
新日ファンは、彼の一挙手一投足に釘付けだよ!(;゚∀゚)タマラン。


やっぱり、プロレスは如何に魅せるスポーツですね。
超一流のムーブ、堪能させて頂きましたψ(*`ー´)ψ。



気付いたら、こっそり優勝圏内

これも策の一つなのか、それても単に地味なだけなのか。

とにかく殿が、首の皮一枚のまま残り続けています(°д°)。


内容も充分大事ですが、やはり殿に求められるのは結果です。

最後に残ってりゃ良いんです。
勝てば官軍なのです。

新必殺技?勝ちゃなんでも良いんです!(ง •̀ω•́)ง。

MOX師匠戦、殿の関ヶ原になりそう(ŏ﹏ŏ;; )。



まとめ

気付いたら団子状態になってきたBブロック。
勝ち点8の選手には、まだギリギリ突破の目は残っています。

内藤選手はジェイ選手と、後藤選手はMOX師匠との一戦が、勝負の分かれ目になってきましたね。




f:id:lagwell:20190808075826j:plain











 

 


プロレスランキング

 

G1CLIMAX【13日目】

G1も大詰めとなってきました。
ここでオカダ選手が勝てば、ほぼAブロック突破という状況。


メインのライバル対決に、セミの一戦と、G1ならではの好カード連続は、もー(;゚∀゚)タマラン。



f:id:lagwell:20190718210658j:plain



-------

-------


ライバルストーリーは第二章へ

SANADA選手、初勝利(対オカダ選手)ヾ(*´∀`*)ノ。
今まで勝てたことがないのが不思議なぐらい、毎回好勝負を連発していた両者の対戦は、ギリギリもギリギリ。

残り13秒でのラウンディングボティプレスで、初勝利をマークしました。


ごめんなさい、正直SANADA選手負けると思ってました_(。。)_。

何せ今回のG1でのオカダ選手の充実ぶりが凄まじく、隙がなかったものですから。
今までのリーグ戦、唯一焦ったのはランス選手との一戦だったのでは?と言うぐらいの安定感。

そんなオカダ選手に文句なしでスリーカウントを奪ったんですから、ここから新たなライバルストーリーが期待できます(*´ ꒳ `*)。


『めっちゃ好っきゃねん』頂きました。
流石、プロレス界一愛をばら撒くオトコ(〃艸〃)。


受け継がれる獅子の系譜

タイトルをカッコつけてしまいましたが、色々と考えさせられる試合。

結果だけ見れば、オカダ選手への挑戦権を飯伏選手が勝ち取った訳ですが。


が、それ以上に『エースから次の主人公へ』バトンが渡ったかのような試合。

丁寧な立ち上がりの攻防から、定石通りに機動力を削ぐ1発1発のドラゴンスクリューや、まさに闘魂注入な張り手の連発。
試合を決めに行ったハイフライアタック→フローのコンボと、棚橋選手は『惜しげも無く』全てを出して勝ちに拘る。

それを全て受け、やり投げやスワンダイブジャーマンといった『らしい』攻撃はそのままに、ボマイェ→ハイキック→カミゴェと、まさに『飯伏幸太フルコンボ』で勝利を掴んだ飯伏選手。


このままではエースは終わらないでしょう。
ただ、ここからは飯伏選手が先頭に立つ姿が見えましたね。

このストーリー、どう転んでも( ・ㅂ・)و ̑̑。


写真で見ると尚のこと、えげつない反応とバネです( ゚д゚)。

柔よく剛を制す

まさに、この言葉が似合う結末。

パワーとサイズで圧倒するランス選手を、テクニックと柔軟性で凌いで避けてクリーンヒットを許さないZSJ選手。


最後も一瞬の丸め込みでカウントスリー!
とはいえ最後まで、『パワーで弾き飛ばしてEBDクローで再逆転か』と、ハラハラドキドキ(;´Д`)。

とにかく、見ていて面白い試合でした。
どちらも自分の『色』を持っていて、存分に発揮。
どっちが勝ったも大事ですが、強烈な色が混じりあった、大満足の一戦でした(;゚∀゚)タマラン。

ZSJ選手を、一目で判るサイズ差で、物のように放り投げるランス選手が、実にプロレスでした(;゚∀゚)タマラン。



まとめ

首の皮一枚繋がったのは飯伏選手。
直接対決を残してますから、次も勝てばブロック突破も可能です。

今日棚橋選手から受け継いだモノが本物かどうか、試されるG1になりそうですね。




f:id:lagwell:20190808013156j:plain





 

 


プロレスランキング